急に来る症状|加齢と共に高まる骨粗鬆症リスク|骨を強化する方法

加齢と共に高まる骨粗鬆症リスク|骨を強化する方法

急に来る症状

病院

ヘルニアへの処置について

重いものを急に持ったりすると、ぎっくり腰になることがあります。ぎっくり腰の原因としては、いろいろなものがありますが、椎間板ヘルニアもその一つです。 これは、簡単に言うと、背骨の腰の部分のすきまから、内容物が外に出てしまい、周りの神経などを圧迫するものです。圧迫されて神経によって、痛みの出るところが変わるのですが、その原因が腰の部分にあることには変わりはありません。 椎間板ヘルニアに対して、出てしまった内容物を除去して、隙間の部分をふさぐのが直接的な処置ですが、外科的な手術を伴うので、大掛かりになります。 一方、痛み止めなどの適切な薬も広く使用されているので、痛みを抑えながら、出てきたものが小さくなるのを待つという選択肢も、今後も多く採用されると考えられます。

ヘルニアの根本治療について

もちろん、出てきたものが小さくなるだけでは、再発の可能性が小さくありません。 そこで、椎間板ヘルニアを手術をせずに治した場合には、出来るだけ腰に負担を掛けないように生活することが重要なのです。 しかし、椎間板ヘルニアを手術で治した場合でも、その部分から内容物が出やすい状態であることには変わりはありません。 結局、手術によるかよらないかによって、腰への負担に注意するという点に関しては、あまり差はないのです。手術をすれば、多少再発の危険性が下がるというくらいなのです。 ですが、負担に注意するといっても、日常生活に支障が出るほどの警戒をする必要はありません。 なるべく無理をしないようにすればよいので、要は意識の問題なのです。