頸椎の椎間板の損傷|加齢と共に高まる骨粗鬆症リスク|骨を強化する方法

加齢と共に高まる骨粗鬆症リスク|骨を強化する方法

頸椎の椎間板の損傷

ナース

頸椎の椎骨間でクッションの役割を持つ「椎間板」が何らかの原因で損傷し、内部の髄核がむき出しになり脊髄や神経を圧迫している状態を「頸椎椎間板ヘルニア」と言います。頸椎椎間板ヘルニアは男女間の性差なく、働き盛りの30歳から50歳にかけて発症がピークとされています。頸椎椎間板ヘルニア発症による主な症状が、手足の痛みや麻痺などです。手足の先端に行くほど痛みや麻痺が強くなるのが特徴です。また握力が落ちたり、指の細かい動きができなくなったりもします。下肢の症状として、足が出にくくなり歩行が小刻みになったり、階段の上り下りが非常に困難になります。末端が少し痺れる程度から、立ち上がれない程の重度であったり、症状の程度は様々です。これらの症状が現れたら、軽度の麻痺であってもすぐに内科で検査を行いましょう。

頸椎椎間板ヘルニアは加齢や職業、生活習慣、遺伝などが原因で発症します。原因が一つのみであることは稀で、これらの原因が複雑に影響し合い発症します。また頸椎の脱臼といった、明確な外傷が原因で椎間板が負傷し、頸椎椎間板ヘルニアが発症することもあります。頸椎椎間板ヘルニアは損傷した椎間板が、脊髄・神経どちらに影響を与えて症状を引き起こしているかにより治療法は異なります。脊髄が圧迫を受けていると診断を受けた場合は、外科手術が選択されるのが一般的です。そして周囲の神経を圧迫している場合には、頸部の安静を保ち鎮痛薬やステロイド薬などの、「薬物療法」で経過を観察するのが一般的です。薬物療法で症状が一向に改善しない、麻痺の進行が続くもいった場合には外科手術が検討されます。